メールのやり取りだけでは、どうしても相手の気持ちがわからない


そういう場合は、例え出会い系サイトを通じて知り合ったメル友の二人であっても、実際に面と向かってこの人と話してみたいという気分になるのは、ごく普通のことです。出会い系サイトは、利用する会員同士のメールアドレスや電話番号などを教えあっていなくても、サイトを利用すればコミュニケーションをとることができます。

メールのやり取りがコミュニケーションの主な手段なので、たとえ自分が常に出会い系サイトを利用しているわけでなくても(そもそも、どんな時でも常に出会い系サイトを利用しているという人は、男女ともになかなかいないと思いますが)自分の都合のいい時に出会い系サイトにアクセスして、メールボックスなどを確認すれば、サイトを利用している人から届いたメールを一気にチェックできます。

こういう手軽さが、出会い系サイトの人気の秘密でもあるわけですが、メールのやり取りをしているだけでは、どうしてもパートナーの気持ちというものがわからなくなる時が多いです。そういう時にどうすればいいのか、お互いにメールアドレスや電話番号などを知らない状態では、出会い系サイトを経由してコミュニケーションをとるしかありません。

相手の声が聞きたくなったら、電話番号などを知っておかないとダメなのです。携帯の番号だけではなく、最近ではスカイプなんかもだいぶ一般的になっていますよね。例えばスカイプと携帯電話で会話をする場合とかだったら料金が発生しますが、コードを申請しあったスカイプの利用者同士なら無料で会話できます。

問題は、自分の個人情報を本当に相手に教えていいのかということなのです。自分が本気で相手のことを愛していて(愛しているという表現が大げさなら)普通に好きという言い方でいいです)電話番号などを教えても大丈夫だと判断するのであれば、別に教えても大丈夫だと思います。

ただ注意すべきなのは、出会い系サイトを利用している人の中には、本当にどうしようもなく変な人もたくさんいるということです。ネットの世界では、他のオンラインユーザーに迷惑のかかるような行為をしても、それがなかなかばれることがないので、誰にも怒られないからそれで調子に乗って、ほかのユーザーを困らせるような行為をどんどんしてくる人がいます。

もしそういう人に電話番号を教えてしまったら、かなり面倒なことになりそうです。ファーストメールを読んだ段階から、これは明らかに変な人だということがわかる場合だったら、しっかり警戒することもできるのですが、かならずしもそういう場合だけではありません。

最初はすごくいい人だと思ったけれども、実際に付き合い始めてみると本当に最低な人だったということはいくらでもあります。これは女性が損をする場合だけではなく、男性が損をするケースだってもちろん考えられます。会員に迷惑をかけるような行為をするといったらどうしても男性の利用者ばかりを思い浮かべますが、世の中には変な女性だっているのです。

男女ともにいえることですが、出会いアプリを利用して知り合ったパートナーに電話番号などの個人情報を教えるときは、その人が本当に信用できる人かどうかを良く考えましょう。

おすすめのアプリ厳選一覧→出会アプリ 無料